• ホーム
  • 薬の個人輸入の大きなメリット

薬の個人輸入の大きなメリット

鏡を見て、髪を気にする男性

インターネットを使うと日本で取り扱っていない海外の品物でも手に入れる事ができます。
代理店などを通さず直接海外のお店に品物を注文して手に入れる事を、個人輸入といいます。
個人輸入できるものは装飾品や日用品、薬や家具などなんでもありますが、特に薬の個人輸入はメリットが2つあります。
1つ目は海外で製造されている薬を日本の薬剤店で購入するよりも安く購入できます。
代理店などを通すと、中間料が発生するために薬の代金と輸送費以上の料金が必要になりますが、個人輸入に必要なのは薬の代金と輸送費のみです。
2つ目は医師の処方箋も必要ないので、何種類かの薬をまとめて購入する事もできます。
薬を個人輸入する方法は、インターネットの検索欄に購入する薬の名前と製造名や売られているサイト名を打って検索します。
サイトは日本語になおせる設定機能がついているサイトと、訳しながら読まないといけないサイトの2種類があります。
サイトによっては購入する薬が値引きしているサイトもあるので、1つのサイトではなく、いくつかのサイトを見た方が良いです。
薬の個人輸入を初めて行う人は、インターネットで個人輸入の体験談を見ておくと、注意する事が詳しく載っているので参考になります。

関連記事