• ホーム
  • 女性でも抜け毛の悩みを抱える方がいます

女性でも抜け毛の悩みを抱える方がいます

鏡を見て、髪を心配する男性

男性の大きな悩みとして話題になる抜け毛。実は女性でも同じ悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。
男性の抜け毛は額の生え際や頭頂部に集中するのに対して、女性の抜け毛は全体的に少しずつ薄くなるため症状に気付きにくく、見た目の印象に関わる頃には手遅れとなってしまう場合もあり、大きな問題です。

女性に多く見られる脱毛症の一つとして、女性男性型脱毛症(FAGA)があります。
男性に多く見られる男性ホルモンに起因する脱毛症をAGAと言いますが、女性が体内にある男性ホルモンの影響を受け抜け毛を引き起こすことをFAGAと言います。

通常、女性は女性ホルモンの働きにより男性ホルモンが抑制されているのに加え、女性ホルモン「エストロゲン」の効果で、元気な髪質が保たれるとされています。
エストロゲンは血管を拡張、血流を促進して頭皮に栄養を送ることで、発毛を促進させる女性ホルモンです。
しかし加齢によりエストロゲンが減少すると、抑制されていた男性ホルモンが活発化されてしまいます。
男性ホルモンの中には「ジヒドロテストステロン」という抜け毛の原因となる物質があり、これが男性型脱毛症を引き起こしてしまうのです。
これらのことから、女性男性型脱毛症は40歳以降、閉経後の更年期の方に多いとされています。

睡眠不足や食生活などの身近な生活環境やストレスも自律神経を乱し、ホルモンバランスを崩す原因となります。
ホルモンバランスが乱れると、抑制されていた男性ホルモンの影響を受けやすくなります。
また、甲状腺機能などの疾患や膠原病などの自己免疫疾患をお持ちの方にもよく見られる症状です。

また、女性男性型脱毛症に次いで多く見られる抜け毛の症状に休止期性脱毛症があります。
これは、成長期にある毛髪が急に休止期に移行してしまうことで起こる抜け毛です。
休止期性脱毛症も男性型脱毛症とおおよそ同じく、強いストレスや甲状腺機能の異常が原因で引き起こされると言われています。

これらの脱毛症の症状が見られた場合は、発毛専門のクリニックで治療を受けましょう。
治療方法は内服薬、外用薬、注射薬によるものが代表的です。ただし、自由診療のため全額自己負担となってしまうので注意が必要です。

女性の髪の毛は1日90本前後抜けます

女性の悩みの種の一つである抜け毛。しかし女性の髪の毛は通常1日90本前後抜けると言われており、全ての抜け毛が注意が必要なわけではありません。
髪の毛には毛周期という生え変わりのサイクルがあり、女性は通常4年~6年程度で髪の毛の寿命が終わり次の髪の毛が生えてくると言われています。
個人差はあるものの、髪の毛は約10万本程度あり、そのうち10%程度が髪の毛が抜けやすい状態である休止期に入ります。
抜け毛は、この毛周期が短くなり休止期の割合が増えることで引き起こされると言われています。

自分の抜け毛が正常かどうかは、抜けた髪の髪質をチェックすることである程度判断することができます。
まず正常な毛根は、色が白くマッチ棒の頭のように膨らみ丸みを帯びていることが特徴です。
また、髪の毛全体の太さが毛先まで変わらず、先端が尖っていないものは、健康な証拠ですので安心してください。
全体が細かったり、毛先が尖っている抜け毛が増えた場合は、毛周期が乱れ抜け毛が起こりやすい兆候である可能性が高いため、注意が必要です。

抜け毛を防止し健康な髪質を保つには、前述の通りホルモンバランスを崩さないように努力する他、頭皮の状態を整えることも重要です。
誤った過剰なヘアケアは頭皮環境を悪化させ髪の成長を妨げてしまう他、紫外線対策不足による頭皮の日焼けもダメージを引き起こす原因となります。
また、質の良い睡眠は髪の成長を促します。
テレビやスマートフォンなど電子機器からの光は睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑えてしまうため、就寝前は使用を控えることをおすすめします。
更に日頃の対策に加え、タンパク質や亜鉛、ビタミンB群など健康な毛髪づくりに必要な栄養素をサプリメントなどで摂取するとなお良いでしょう。

関連記事